読書・「月3万円ビジネス 非電化・ローカル化・分かち合いで愉しく稼ぐ方法」

ごきげんいかがですか、oftennです。
「月3万円ビジネス 非電化・ローカル化・分かち合いで愉しく稼ぐ方法」を読みました。
月3万円ビジネス
暇な時だけやる、月3万円ビジネスを複数もてばいいよ、という本なのですが、ビジネス以上に、あらゆるものの自給自足について説かれています。

自給自足

支出を減らせば、少ない収入でも生活できる、というのです。
その支出の減らし方がダイナミックで、私には考えつかなかった。
自給自足と聞くと、家庭菜園程度しか思いつかなかったけれど、この本では、衣・食・住にとどまらず、エネルギーや衛生や娯楽も自分で作れると言うのです。ソーラークッカーや、バイオトイレなども紹介されています。

自分なら?

この自給自足の考え方を、自分に当てはめるならどうするか?

私は今、畑をおこしているけれど、水やりに使う水道料金を考えたら・・・いえ、考えないように目をつぶっていました。雨水を使う!なるほど!

また、私は考える。この月3万円ビジネス、自分が実践するなら?畑にはびこった雑草を駆除したら、ニワトリを飼ってみる。5組くらいの家族を招いてソーラーオーブン作りと地鶏卵のプリンを作ろう!という体験会を開いてビジネスにしてみるのはどうだろう?

さらに私は考える。そこここの耕作放棄地にはびこるヨシを材料に、何かできないかしら・・・?
ヨシ駆除の商売と、ヨシを材料にした何かを販売する商売。
・・・まだアイデアが足りないようです。

そほど!

Posted from するぷろ for iOS.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です