4歳児がごはんを残すのは、もう少し小さく切ってほしいからだった

子どものごはんに悩んでいます。

長男Tくん4歳は親が用意したものを食べずに、勝手に冷蔵庫からチーズや魚肉ソーセージ出して食べるとか。

「もういらないー、おやつ!」おやつばかり食べたがったり。

でもね、お肉もイカも1センチ角に、魚は骨を取って、「あーん」と口まで運んでやったら食べてくれました。

本人に聞いてみると、今までごはんを残していたときは、大きくて食べにくかったから、と白状。

味が気に入らないときは、口から吐き出す子なので、口に入れてくれない理由は味ではなかったのね。

Posted from SLPRO X for iPhone.

子供をアンパンマンミュージカルに連れて行ったら、大人も楽しめた話。渋滞注意。

ごきげんいかがですか、oftennです。

息子さんは2歳5ヶ月。アンパンマン世代どまんなかです。
アンパンマンミュージカルが米子に来るというので、見に行ったのでした。
“子供をアンパンマンミュージカルに連れて行ったら、大人も楽しめた話。渋滞注意。” の続きを読む

2歳男子と一緒にカレーを作る。

ごきげんいかがですか、oftennです。
ちょっこい、きいてごしないや〜

カレー好きですか?
長男2歳に、「今晩、何が食べたい?」と質問して、初めて答えが返ってきました。カレーです。
このボーイ、台所からフライパンやらおたまやら取り出してお料理ごっこが好き。おもちゃの野菜(マジックテープで真ん中がはずれるもの)を包丁できったりします。

ならば、カレー作りも手伝ってもらおうじゃないか。

“2歳男子と一緒にカレーを作る。” の続きを読む

幼児の歯の手入れについて、歯科で指導を受けました。

ごきげんいかがですか、oftennです。
ちょっこい、きいてごしないや〜

長男2歳を連れて歯科受診しました。
半年前の1歳半健診で歯にフッ素塗布があったのですが、その後もフッ素塗布を希望する場合、各自で歯科を受診してくださいとのことでした。
長男にとっては初めての歯医者さんです。

“幼児の歯の手入れについて、歯科で指導を受けました。” の続きを読む

1歳、または2歳児の散髪

ごきげんいかがですか、oftennです。
ちょっこい、きいてごしないや〜

先日、長男の散髪をしたら、保育園の先生にほめられて調子に乗ってるoftennです。
男の子の髪切るの難しいでしょ⁉︎とびっくりされました。

切る前がこちら。

切ったあと。

せっかくなので解説してみましょう。

普段の洗髪

子どもの洗髪は、赤ちゃんの頃の洗い方をしています。

  1. まず、洗面器に湯をはります。
  2. 利き腕とは反対の腕で子どもの首をささえ、洗面器の湯に頭を入れます。耳に水が入らないように!
  3. 次に、利き手で髪全体を濡らします。
  4. いったん頭を湯から出し、せっけんまたはシャンプーで洗います。
  5. 最後に、洗面器の湯で泡をすすいで終了。

そして散髪

  1. 3まで洗髪と同じようにし、子どもの頭を濡らします。
  2. そのまま頭を洗面器につけたまま、散髪ハサミで髪を切ります。

メリットは湯の中なので髪がまとまり切りやすいのと、髪がほぼ洗面器の中に入ってくれるので、子どもが落ちた髪の毛を痒がることが少ないです。
デメリットは仕上がりをよく見ると、ざんばら髪なこと、後ろ髪は切りづらいことですね。

お子さんによっては動きまわったりするなど洗髪も散髪もハードなお仕事ですが、ちょっとでも参考になればいいかなと願うばかりです。

そほど。

Posted from するぷろ for iOS.

親の泣き言

ごきげんいかがですか、oftennです。
ちょっこい聞いてごしないや~

一年前の自分へ。
最近、息子ちゃんから「かあちゃん!」と呼んでもらえるようになったんだぞ、うらやましいだろ~
12月に入って、しゃべれる言葉が一気に増えた。
ついこの間までは、
「ここ!」
「ば」バナナ
「ぶば」ブドウ
「ふた」
「ない」
「ねんね」
「たいたい」魚
「かき」柿
くらいだった。

数日のうちに、どんどん覚えていく。
しかも、大人がしゃべった言葉をそのまま繰り返して練習しようとしてる。
今まで会話がこっちからの一方通行だったのに、息子から言葉を投げかけられる。
目、鼻、口、かあちゃん、ばあちゃん、じいちゃん、とぉと、ちぇんちぇー、私がちゃんと反応しないといけない。もしかして生返事になってないかな?

つい二週間前、寝る前にトイレ行く、というので連れて行った。
でも便器に座らせると「なーい」という。
トイレットペーパーや水洗のレバーで遊びだす。
オムツを履かずに廊下を駆け回る。
かあちゃん、って初めて言ったのもこのとき。
布団とトイレの往復を小一時間。
ついに私、「遊びたくて、トイレ行くなんて嘘ついたんじゃないの!?」と怒鳴ってしまった。

怒鳴られて、泣き出した息子さん。トイレの床で粗相。
ああ、ごめん。かあちゃんが悪かった!
トイレしたかったんだね、なかなか出なかったんだね。ウソツキだなんて言ってごめんよ!
ゆるして~と息子さんをむぎゅと抱擁。

でもそれ以来、寝る前のトイレはできなくなってしまった。
ちゃんと息子さんのことを信じなかった、罰だ。どうしよう!

一年前の自分へ。
もうちょっと、息子さんのこと、よく見てね。
信頼してね。
それから、泣いてるときは、すぐ、抱きしめてあげて。
ごはん散らかしたからってあきれたりしないでね。

本当は一年前の自分に自慢する記事にしようと思ったのに、悔しさだらけの内容に泣いてしまいました。

そほど。

うちの1歳児を寝かしつけるときにアドリブで話して聞かせた飛行機のお話。

ごきげんいかがですか、oftenです。

幼子のいる家庭において、毎夜繰り広げられる攻防戦……それは、「寝かしつけ」
うちの長男1歳9ヶ月が寝てくれた、寝かしつけのお話をシェアしてみましょう。

飛行機はどこへいく?

今日は飛行機いっぱい見れたね。
飛行機ぶーんって飛んでったね。

飛行機はどこに行ったのかな?
ぶーんって飛んでいったさきは、飛行機がいっぱいいる、飛行機の国です。
大きい飛行機、小さい飛行機、赤いのに青いの、いろいろいます。

飛行機たちは、夜になると、飛行機会議をします。
あるとき、一番小さな飛行機が言いました。
「ぼくは世界一周したい!長老さま、行ってもいいでしょ?」
長老は言いました。
「いいだろう。お前もそろそろ広い世界を見なくてはならん。行ってきなさい」

小さい飛行機にお父さん飛行機とお母さん飛行機は、お弁当を持たせてくれました。
「危ないことがあったらすぐに帰ってくるのよ。」
「お父さんたちは、いつでもお前のことを心配しているからな。」
小さい飛行機はみんなに見送られて、出発しました。
「みんな、いってきます!おみやげ楽しみにしててね!」

小さい飛行機はまず、南の国に行きました。
南の国では、おさるさんがバナナの木にのぼっています。
「おさるさん、こんにちは!ぼくは、世界一周しているんだよ!」
「飛行機さん、こんにちは!世界一周だなんて、小さい体ですごいね!」
小さい飛行機とおさるさんはお友だちになりました。
「小さい飛行機さん、空のきれいな国の女の子に、このバナナを届けてほしいな」
「おやすいごようだよ!」

小さい飛行機は空のきれいな国に行きました。

空のきれいな国では風車がまわっていて、チューリップ畑に女の子がいました。

「こんにちは!ぼく、世界一周してるんだけど、南の国のおさるさんから、バナナを届けにきたよ!」

「小さい飛行機さん、ありがとう。私のお願いもきいてくれる?」

女の子は花柄の袋から何かとりだしました。

「このチューリップの球根を北の国に植えてきてほしいの。」

「まかせてよ」

 

 

小さい飛行機は北の国に行きました。

そこはものすごい吹雪で、中まで入っていけません。小さい飛行機は吹き飛ばされそうになりました。

でも、こんなことでめげていられません。

小さい飛行機はいったん湖の国に行きました。

湖のほとりに着陸し、お母さんが作ったお弁当をお腹いっぱいたべました。

「たくさん食べたから、元気がでてきたぞ」

 

小さい飛行機はもう一度北の国に行きました。

今度こそ中まで行くのです。

ちょうど、風がおさまってきました。

「よし、今だ!」

小さい飛行機は北の国の真ん中までいって、チューリップの球根を植えました。

 

世界一周を終えて、小さい飛行機は飛行機の国に帰ってきました。

「お父さん、お母さん、長老さま、ぼくね世界一周してきたんだよ!」

「よく帰ってきてくれたね。さあ、みんなでばんごはんだよ」

勇敢になった小さい飛行機はみんなから歓迎されました。