スタートアップウィークエンド鳥取の最終日を見に来てわかったこと

スタートアップウィークエンド鳥取。

3日間の起業体験イベントで、鳥取開催は初めてです。

【初開催】Startup Weekend 鳥取@隼lab – Startup Weekend 鳥取 | Doorkeeper

最終日を見に来てわかったことがあります。

それは、参加しないとわからないということ。

“スタートアップウィークエンド鳥取の最終日を見に来てわかったこと” の続きを読む

由志園ライトアップ「黄金の島ジパング」は幻想の世界で感動!

ごきげんいかがですか、oftennです。
ちょっこい、聞いてごしないや~

島根県松江市八束町にある、由志園(ゆうしえん)のライトアップに行ってきました!
由志園は、牡丹の庭園です。
http://www.yuushien.com/yuushien/
50万球って、そんなにすごいの?と少しなめてました。

紅葉はまだ始まったばかりのタイミングでしたが、幻想的な世界でしたよ。
光の藤の花の向こうに光の山(富士山かな?大山かな?)がそびえています。
点滅したり、色がかわったり、演習が凝ってますね~。

image

一歳児も喜んでおりました。
12月26日までライトアップしているようです。
料亭が園内にありますが、この日はすべて貸切でした。

主人の母は、由志園について、年配趣味と言っていましたが、若者のデートスポットとしてもいいんじゃないかな?
ぜひ訪れてほしい場所です。

そほど。

子供も大人って赤ちゃんも!COINNコンサートは家族みんなでたのしめるよ♪

ごきげんいかがですか、oftennです!

コンサートはお好きですか?

11月23日、米子市児童文化センターにて、COINNのコンサートを見てきました!
大人も子供も赤ちゃんも!だれでも参加可能でした。
うちの子は私のひざに座って、半分眠りかけてましたが(笑)

COINNはどんなバンド?

さいとう こうりょうさん、しらいわ ばんりさん、おろろ とりひろ さん、おだ こうせいさんの4人組です。
全員が歌えるので、曲によってカラーもかわるし、ハーモニーもすてきです。
私は今回のコンサートで初めて知ったバンドです。

COINNコンサート
COINNコンサート

たいこに空き缶とかくっついてまして、それも楽器なんですね。
楽しい雰囲気アップでした。
手拍子するようなノリのいい曲もあるんですが、かわいい子って歌ってる歌、少し泣けてきました。

歌う人も見る人も運営する人も楽しい

良かったのは、児童文化センターを職員さん、本当はコンサートの運営で大変だろうと思われるのに、ノリノリで楽しんでおられたこと。
それから、運営ボランティアの大学生の皆さんも楽しそう。

また、行きたいね

子供・赤ちゃん入場オッケーで、オムツ替えコーナーや授乳コーナーも設置してありました!
音楽って、だれでもたのしめるんですよね!

COINN ウェブサイト
http://www.coinn.jp/

米子市児童文化センター ウェブサイト
http://yonagobunka.net/jibun/

そほど。

切り絵展を拝見しました。立体切り絵という驚き。

切り絵と聞いてどんなイメージを思い浮かべるでしょうか?
11月21日、島根県松江市にある老舗和菓子店、彩雲堂本店で、切り絵展を拝見しました。

立体切り絵とは?

切り絵作家SouMa作品展
切り絵作家SouMa作品展

作者は、島根県出身のSouMaさん。
切り絵なのに、立体なんです。極細に切ってある部分を使い、パーツを縫って(?)いるため、立体になっている。
驚くことに、たった一枚の紙からできていること。それぞれのパーツはちぎれず、つながっているらしいのです。

想像以上の人気

作者ご本人が実演する時間は、黒山の人だかり!
細いカッターで切っていくのですけれども、切るというより絵を描いているように見えるのです。
最初は見学の方々もじゃましちゃいけんわ、と静かにしていましたが、先生いわく、普段の制作時もテレビを見ながらだとか騒がしいので大丈夫ですよ、とのこと。
一番高い作品でおいくらですか?とか、あの作品で制作時間はどのくらいですか?といった質問をしている人もいました。
ご本人は絵は苦手とおっしゃってましたが…表現によって、あぶって焦がしたり、薄くやぶったりというのもみられます。

本当はもう少しじっくり見たかったけれども、1歳児は人混みがいやだったのか、体をのけぞらせてしまったため、そうそうに退散。

ここだけの話

実は、夫からのプロポーズ(?)のとき贈られた花束も、SouMaさんの手によるものなんです。

切り絵の花束
切り絵の花束

ちなみにこちらの写真がプロポーズの花束です。
写真では、見えるところがかぎられてくるので、機会があればぜひ実物をなまでみてほしいですね。

彩雲堂のサイトはこちら
http://www.saiundo.co.jp
立体切り絵作家SouMa先生のサイトはこちら
http://www.souma-wkh.com

子ども連れでも展覧会に行けたよ!中原芳煙没後100年展をみてきたよ。

中原芳煙展
中原芳煙展

島根県美郷町で開催された中原芳煙展を見てきました。
とてもよかったので紹介します。

美郷町ってどこ?中原芳煙とは?

http://www.all-iwami.com/modules/news/index.php?page=article&storyid=1080
http://www.town.shimane-misato.lg.jp
美郷町は島根県西部、山間部にあります。
世界遺産の石見銀山よりちょっと東にあります。
中原芳煙はその美郷町出身の画家で、今回の展覧会は没後100年展とのこと。
若くして亡くなったらしい。

実際の絵を見て

鹿の毛並み、やわらかく暖かそうな、おもわずなでたくなるほどです。(絵は触っちゃだめですよ)
デッサン帳も展示されており、緻密に描き込まれた鳥の模様も間近でみれます。
私はとくに鹿の絵のしっぽの部分が好き。
初日の催しで神英雄先生の解説付きで見れました。
加納美術館の館長さんです。
芳煙の絵は、左向きの動物、手前が暗く左上が明るい。余白の美なんだそうです。
先生のやさしい語り口は、本当にこの絵が好きなんだなと実感。
私もこの絵が好きになりました。

実は、行くかどうか迷ったんです。

私の住む米子市からはちょっと遠い。大人だけならふらっと行ってこれるけど、1歳9ヶ月児連れて長時間のドライブ、展覧会もおとなしく見てくれるかな?と心配でした。
けっこうなんとかなるんですね。
片道2時間かかりましたが半分は寝ていてくれたし、会場のみさと館の近くには子どもが(大人もw)はしゃぐ巨大な滑り台の遊具もあって、息子自身楽しんだようです。絵もちゃんと見ていたし。
本当に行ってよかった。

ありがとうございました

解説をしてくださった神先生にも感謝だし、この絵を残した芳煙にも感謝の展覧会でした。もちろん、いっしょに行ってくれただんなさんと息子君にもね。

会期は10月31日から11月6日まで。
たった1週間しかない会期ですが、お近くならばぜひとも見てほしいです。私のつたない言葉より、目の前で見てほしい絵でした。11月3日には生家公開もするそうですよ。

米子映画事変は体力勝負のサブカル祭りだよ

ごきげんいかがですか、oftenです。
米子映画事変に行きました。
さる、2015年10月24日25日に米子市の中心商店街でおこなわれました。商店街といえ、シャッター街。閉まってるお店を借りて催しもあったりもしました。
なんと今年で5年も続いてるそうです。

四次元ドリームライス
四次元ドリームライス

1日目

まんだん

鳥取県のでてくるマンガを使って勝手に観光スポットにしてしまおうというテーマでした。
それにしても、全国的にみた鳥取県のイメージがひどいw人口少ない、砂丘くらいですね。見ていて苦ーい気持ちになります。
けっこう正確な描写のマンガもあるんですね。
場所の描写はそのこまと同じアングルの写真紹介されてて、取材調査が細かくて感嘆しました。

折り紙教室

折り紙バグジュエル
折り紙バグジュエル

課題はバグジュエルを折るというもの。
私はバグジュエルをよくしらない。Wikipediaは誤った記述があるとテキストに書いてありました。
テキストはここはプレミアム版を選択。なんと巻物です!
なんと6枚も使用、うち2枚は4分割して使用します。
講師にに聞きながらひたすら折る。鶴が折れるなら、だいたいオッケー。
途中、違うところハサミ入れちゃった。講師に「あー…」とぼやかれてしまった。
講師は1時間かかりますと話していたが、最終的に2時間かかりました。
そして、大作の出来上がりです。
ほかの参加者の作品も並べて壮観な画になりました。