幼児の歯の手入れについて、歯科で指導を受けました。

ごきげんいかがですか、oftennです。
ちょっこい、きいてごしないや〜

長男2歳を連れて歯科受診しました。
半年前の1歳半健診で歯にフッ素塗布があったのですが、その後もフッ素塗布を希望する場合、各自で歯科を受診してくださいとのことでした。
長男にとっては初めての歯医者さんです。

意外と怖がらない

受診した歯科では、母が子どもを抱っこした状態で診察台に座り、リクライニングする方法で受診しました。
ラッコのお腹に子どもラッコがいるようなイメージですね。
親の心配をよそに、歯科衛生士さんの、あーんして、の言葉にちゃんとしたがったり、うがいもできて、優秀だった息子ちゃん。
それより、親の方が指導されてしまいました。

歯みがき指導

まず、ふだんの歯みがきでみがき残しがあり、歯肉炎になりかけてる。歯科衛生士さんによる歯みがきの時、歯茎から血がにじんだようです。
これからはえてくる奥歯が虫歯にならないために、そのとなりの歯の側面をよくみがくこと。
奥歯の真ん中に食べかすが残りやすいので、きちんととること。
今まで、就寝前の1日1回の歯みがきでしたが、朝ごはんのあともみがくよう、指導がありました。

歯並び指導

指しゃぶりや口呼吸があると、歯並びに影響するらしいです。
舌が普通なら上顎につくのが常のところ、口呼吸だと犬舌のように前に出てしまい、歯並びが悪くなるんだそうです。
また、上の前歯で下唇を噛む癖は出っ歯の原因にもなるとか。
長男は、鼻水や鼻づまりが続いていて、よだれがでることは気にしていましたが、歯並びにも影響があるとは知りませんでした。

歯みがきは子ども本人はやろうとするものの、まだ上手ではありませんから、親がしっかりみがかなければなりません。
子どもの将来にかかわりますから、気をつけていきます。

そほど。

Posted from するぷろ for iOS.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です