1歳、または2歳児の散髪

ごきげんいかがですか、oftennです。
ちょっこい、きいてごしないや〜

先日、長男の散髪をしたら、保育園の先生にほめられて調子に乗ってるoftennです。
男の子の髪切るの難しいでしょ⁉︎とびっくりされました。

切る前がこちら。

切ったあと。

せっかくなので解説してみましょう。

普段の洗髪

子どもの洗髪は、赤ちゃんの頃の洗い方をしています。

  1. まず、洗面器に湯をはります。
  2. 利き腕とは反対の腕で子どもの首をささえ、洗面器の湯に頭を入れます。耳に水が入らないように!
  3. 次に、利き手で髪全体を濡らします。
  4. いったん頭を湯から出し、せっけんまたはシャンプーで洗います。
  5. 最後に、洗面器の湯で泡をすすいで終了。

そして散髪

  1. 3まで洗髪と同じようにし、子どもの頭を濡らします。
  2. そのまま頭を洗面器につけたまま、散髪ハサミで髪を切ります。

メリットは湯の中なので髪がまとまり切りやすいのと、髪がほぼ洗面器の中に入ってくれるので、子どもが落ちた髪の毛を痒がることが少ないです。
デメリットは仕上がりをよく見ると、ざんばら髪なこと、後ろ髪は切りづらいことですね。

お子さんによっては動きまわったりするなど洗髪も散髪もハードなお仕事ですが、ちょっとでも参考になればいいかなと願うばかりです。

そほど。

Posted from するぷろ for iOS.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です