子ども連れでも展覧会に行けたよ!中原芳煙没後100年展をみてきたよ。

中原芳煙展
中原芳煙展

島根県美郷町で開催された中原芳煙展を見てきました。
とてもよかったので紹介します。

美郷町ってどこ?中原芳煙とは?

http://www.all-iwami.com/modules/news/index.php?page=article&storyid=1080
http://www.town.shimane-misato.lg.jp
美郷町は島根県西部、山間部にあります。
世界遺産の石見銀山よりちょっと東にあります。
中原芳煙はその美郷町出身の画家で、今回の展覧会は没後100年展とのこと。
若くして亡くなったらしい。

実際の絵を見て

鹿の毛並み、やわらかく暖かそうな、おもわずなでたくなるほどです。(絵は触っちゃだめですよ)
デッサン帳も展示されており、緻密に描き込まれた鳥の模様も間近でみれます。
私はとくに鹿の絵のしっぽの部分が好き。
初日の催しで神英雄先生の解説付きで見れました。
加納美術館の館長さんです。
芳煙の絵は、左向きの動物、手前が暗く左上が明るい。余白の美なんだそうです。
先生のやさしい語り口は、本当にこの絵が好きなんだなと実感。
私もこの絵が好きになりました。

実は、行くかどうか迷ったんです。

私の住む米子市からはちょっと遠い。大人だけならふらっと行ってこれるけど、1歳9ヶ月児連れて長時間のドライブ、展覧会もおとなしく見てくれるかな?と心配でした。
けっこうなんとかなるんですね。
片道2時間かかりましたが半分は寝ていてくれたし、会場のみさと館の近くには子どもが(大人もw)はしゃぐ巨大な滑り台の遊具もあって、息子自身楽しんだようです。絵もちゃんと見ていたし。
本当に行ってよかった。

ありがとうございました

解説をしてくださった神先生にも感謝だし、この絵を残した芳煙にも感謝の展覧会でした。もちろん、いっしょに行ってくれただんなさんと息子君にもね。

会期は10月31日から11月6日まで。
たった1週間しかない会期ですが、お近くならばぜひとも見てほしいです。私のつたない言葉より、目の前で見てほしい絵でした。11月3日には生家公開もするそうですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です