うちの1歳児を寝かしつけるときにアドリブで話して聞かせた飛行機のお話。

ごきげんいかがですか、oftenです。

幼子のいる家庭において、毎夜繰り広げられる攻防戦……それは、「寝かしつけ」
うちの長男1歳9ヶ月が寝てくれた、寝かしつけのお話をシェアしてみましょう。

飛行機はどこへいく?

今日は飛行機いっぱい見れたね。
飛行機ぶーんって飛んでったね。

飛行機はどこに行ったのかな?
ぶーんって飛んでいったさきは、飛行機がいっぱいいる、飛行機の国です。
大きい飛行機、小さい飛行機、赤いのに青いの、いろいろいます。

飛行機たちは、夜になると、飛行機会議をします。
あるとき、一番小さな飛行機が言いました。
「ぼくは世界一周したい!長老さま、行ってもいいでしょ?」
長老は言いました。
「いいだろう。お前もそろそろ広い世界を見なくてはならん。行ってきなさい」

小さい飛行機にお父さん飛行機とお母さん飛行機は、お弁当を持たせてくれました。
「危ないことがあったらすぐに帰ってくるのよ。」
「お父さんたちは、いつでもお前のことを心配しているからな。」
小さい飛行機はみんなに見送られて、出発しました。
「みんな、いってきます!おみやげ楽しみにしててね!」

小さい飛行機はまず、南の国に行きました。
南の国では、おさるさんがバナナの木にのぼっています。
「おさるさん、こんにちは!ぼくは、世界一周しているんだよ!」
「飛行機さん、こんにちは!世界一周だなんて、小さい体ですごいね!」
小さい飛行機とおさるさんはお友だちになりました。
「小さい飛行機さん、空のきれいな国の女の子に、このバナナを届けてほしいな」
「おやすいごようだよ!」

小さい飛行機は空のきれいな国に行きました。

空のきれいな国では風車がまわっていて、チューリップ畑に女の子がいました。

「こんにちは!ぼく、世界一周してるんだけど、南の国のおさるさんから、バナナを届けにきたよ!」

「小さい飛行機さん、ありがとう。私のお願いもきいてくれる?」

女の子は花柄の袋から何かとりだしました。

「このチューリップの球根を北の国に植えてきてほしいの。」

「まかせてよ」

 

 

小さい飛行機は北の国に行きました。

そこはものすごい吹雪で、中まで入っていけません。小さい飛行機は吹き飛ばされそうになりました。

でも、こんなことでめげていられません。

小さい飛行機はいったん湖の国に行きました。

湖のほとりに着陸し、お母さんが作ったお弁当をお腹いっぱいたべました。

「たくさん食べたから、元気がでてきたぞ」

 

小さい飛行機はもう一度北の国に行きました。

今度こそ中まで行くのです。

ちょうど、風がおさまってきました。

「よし、今だ!」

小さい飛行機は北の国の真ん中までいって、チューリップの球根を植えました。

 

世界一周を終えて、小さい飛行機は飛行機の国に帰ってきました。

「お父さん、お母さん、長老さま、ぼくね世界一周してきたんだよ!」

「よく帰ってきてくれたね。さあ、みんなでばんごはんだよ」

勇敢になった小さい飛行機はみんなから歓迎されました。

家計簿をつけたら、衝動買いをやめる方法を学んだ

ごきげんいかがですか、oftenです。
今日のお話は、衝動買いを卒業する方法についてです。
欲しいものがあるとすぐ買ってしまう。じっくり検討したつもりでも、買ってから後悔する。
どうしたら衝動買いしなくてすむか、思いを馳せてみました。

衝動買いする生活

昨年末、今年の予算をたてたものの、その通りとはいいがたい生活をしていました。
欲しいものがあれば数日検討して買い、予算からはずれているけど検討したからいいよね、と自分に言い訳していました。

今までも家計簿をつけていました。
メインで使っているのは羽仁もと子案家計簿です。

特徴は一年の予算をたてて、記帳していくということ。
きちんと予算をたてる家計簿なんです。

来年の予算をたてる時期になり、来る年の生活について考えるようになりました。
「来年もまだ、長男のおむつがいるな、一ヶ月いくらだな。食費は必要な栄養素から計算していくらだな。」

考えているうちに、ふと気づきました。
今欲しくて購入検討しているものも、来年の予算にいれたらいいんだ!

衝動買いをやめる方法!

実際に生活していくなかで、欲しいと思ったものは、Amazonの欲しいものリストにでもいれておいて、年末がきたら、翌年に買うかどうかきめればいい。
ネット上にはおもしろそうな商品の情報がうようよしています。
買うと決めていれば、衝動買いではないですからね。

以上、自分の反省もこめて、oftenが記述しました。

子ども連れでも展覧会に行けたよ!中原芳煙没後100年展をみてきたよ。

中原芳煙展
中原芳煙展

島根県美郷町で開催された中原芳煙展を見てきました。
とてもよかったので紹介します。

美郷町ってどこ?中原芳煙とは?

http://www.all-iwami.com/modules/news/index.php?page=article&storyid=1080
http://www.town.shimane-misato.lg.jp
美郷町は島根県西部、山間部にあります。
世界遺産の石見銀山よりちょっと東にあります。
中原芳煙はその美郷町出身の画家で、今回の展覧会は没後100年展とのこと。
若くして亡くなったらしい。

実際の絵を見て

鹿の毛並み、やわらかく暖かそうな、おもわずなでたくなるほどです。(絵は触っちゃだめですよ)
デッサン帳も展示されており、緻密に描き込まれた鳥の模様も間近でみれます。
私はとくに鹿の絵のしっぽの部分が好き。
初日の催しで神英雄先生の解説付きで見れました。
加納美術館の館長さんです。
芳煙の絵は、左向きの動物、手前が暗く左上が明るい。余白の美なんだそうです。
先生のやさしい語り口は、本当にこの絵が好きなんだなと実感。
私もこの絵が好きになりました。

実は、行くかどうか迷ったんです。

私の住む米子市からはちょっと遠い。大人だけならふらっと行ってこれるけど、1歳9ヶ月児連れて長時間のドライブ、展覧会もおとなしく見てくれるかな?と心配でした。
けっこうなんとかなるんですね。
片道2時間かかりましたが半分は寝ていてくれたし、会場のみさと館の近くには子どもが(大人もw)はしゃぐ巨大な滑り台の遊具もあって、息子自身楽しんだようです。絵もちゃんと見ていたし。
本当に行ってよかった。

ありがとうございました

解説をしてくださった神先生にも感謝だし、この絵を残した芳煙にも感謝の展覧会でした。もちろん、いっしょに行ってくれただんなさんと息子君にもね。

会期は10月31日から11月6日まで。
たった1週間しかない会期ですが、お近くならばぜひとも見てほしいです。私のつたない言葉より、目の前で見てほしい絵でした。11月3日には生家公開もするそうですよ。

米子映画事変は体力勝負のサブカル祭りだよ

ごきげんいかがですか、oftenです。
米子映画事変に行きました。
さる、2015年10月24日25日に米子市の中心商店街でおこなわれました。商店街といえ、シャッター街。閉まってるお店を借りて催しもあったりもしました。
なんと今年で5年も続いてるそうです。

四次元ドリームライス
四次元ドリームライス

1日目

まんだん

鳥取県のでてくるマンガを使って勝手に観光スポットにしてしまおうというテーマでした。
それにしても、全国的にみた鳥取県のイメージがひどいw人口少ない、砂丘くらいですね。見ていて苦ーい気持ちになります。
けっこう正確な描写のマンガもあるんですね。
場所の描写はそのこまと同じアングルの写真紹介されてて、取材調査が細かくて感嘆しました。

折り紙教室

折り紙バグジュエル
折り紙バグジュエル

課題はバグジュエルを折るというもの。
私はバグジュエルをよくしらない。Wikipediaは誤った記述があるとテキストに書いてありました。
テキストはここはプレミアム版を選択。なんと巻物です!
なんと6枚も使用、うち2枚は4分割して使用します。
講師にに聞きながらひたすら折る。鶴が折れるなら、だいたいオッケー。
途中、違うところハサミ入れちゃった。講師に「あー…」とぼやかれてしまった。
講師は1時間かかりますと話していたが、最終的に2時間かかりました。
そして、大作の出来上がりです。
ほかの参加者の作品も並べて壮観な画になりました。

 

ウフフなブログをはじめる宣言!!



ブログ書くよ!

今まではてなブログを使っていたけど、ドメインとってブログ書いてみることにしました。

なぜあらためてブログを?

WordPress使ってみたかったからだよ。

でもそれだけだとチラシ裏でいいがん。わざわざブログにする理由ってなんだろう。 あらためて考えてみました。

それは見た人にウフフな気分になってほしいということ。

ウフフって?

うれしい、たのしい、得した、便利そうだ、いいこときいた、しあわせ、そんなあれこれ 。

私が知っていることが、もしかしたら顔も知らないだれかの役に立ったら、いいなと願うばかりです。

どげだいこげだいって?

米子弁です。

無理やり標準語にすると「なんとかかんとか」

「どげ」は「どう」の意。「こそあど言葉」ですね。

「だい」はこの場合「~だとか」の意。

どうぞよろしく

記事の投稿優先にしたから、まだデザインが素の状態ですけど、どうぞよろしく!